コラム

2020.03.16

大田区の司法書士事務所より~第23回コラム 不動産登記 登記前の必要書類と登記後の返却書類について(土地を購入した場合)

ほりぐち法務事務所 事務局の遊佐です。
 
 
先週末,桜が開花しましたね。
散歩していたら近所の桜が一足早く咲いていました。早く新型コロナウィルスが落ちついてお花見に行けたらいいですよね。
 
 
さて,今回は不動産登記時の必要書類と登記完了後,司法書士からの返却書類について書いていこうと思います。
 
 
まず,花子さん(買主)が太郎さん(売主)から土地をローンなどを組まずに購入する際,司法書士に登記を依頼すると下記の書類などの準備を依頼されます。
 
 
それぞれ準備してもらうものは
●花子さん(買主)
 ・住民票
 ・認印…シャチハタ不可。
 ・身分証明書…司法書士が本人確認するのに使用します。
 
 
●太郎さん(売主)
 ・不動産の権利証…土地を取得した時期に応じて,次の2通りの形式があります。
  ①登記識別情報通知…書類の下にシールや袋とじがあります。このシールをはが
    したり,袋とじをあけたりせずに司法書士に渡してください。

  ②登記済証…和紙を使用している場合が多いです。中に「登記済」という赤い印
    が押してあります。冊子のまま司法書士に渡してください。

 ・印鑑証明書…3ヶ月以内に発行されたもの。
 ・身分証明書…司法書士が本人確認するのに使用します。
 ・評価証明書の原本…最新の年度のもの。
 ・実印…印鑑証明書で登録しているもの。
 
 
 
司法書士は登記が完了したら下記の書類を買主,売主それぞれに返却します。
 
 
 ●花子さん(買主)へ
 ・登記事項証明書…表題部と権利部に分かれており,表題部には不動産の場所,
   大きさ,種類などが載っている。権利部には所有者や抵当権が設定されているか
   などが載っている。2008年以前に作成されたものは手書きのものがある。

 ・住民票…必要書類としてお預かりしていたもの。
 ・登記完了証…不動産の名義登記が完了すると登記所から発行される書類。
 ・登記識別情報通知…下の方が袋とじになっています。中には12桁の英数字
    パスワードが記載されていますが,袋とじは開けないで保管してください。

 ・評価証明書…売主から必要書類としてお預かりしたもの。

 
買主の方は相続や贈与,売却など今後の手続きの際に必要な書類もあるため,大切に保管をしてください。登記識別情報通知は,普段は使用することはありませんので,袋とじは開けないで保管してください。
 
 
 ●太郎さん(売主)へ
 ・権利証…必要書類としてお預かりしていたもの。権利が残っている場合も
    ありますので,不明な場合は,司法書士にお問い合わせください。

 ・登記完了証…不動産の名義登記が完了すると登記所から発行される書類。
 ・住民票…必要書類としてお預かりしていたもの。
 
 
 
また,買主の花子さんが住所を変更したり,結婚によって名前が変わったりした場合はその都度登記の変更手続きが必要になります。それについては次回書いていきます。
 
 
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。