業務分野

債務整理のご相談

債務整理とは「借金問題」の解決です。借金が返せないときに、生活再建のお手伝いをします。
その方法は、①任意整理、②民事再生、③破産の3種類。
状況を整理し、何がベストなのかを判断していきます。一人で悩まず、まずは相談してください。

目的は生活再建、無理のない見通しを立てることが大切

当事者への聴取・事実確認を行い、返済の可能性ととるべき手続き、①任意整理、②民事再生、③破産のいずれが妥当かを検討し、提案します。簡裁訴訟代理等関係業務認定の資格を所持しているので、手続きやお手伝いをすることができます。

目的は生活再建です。本人の生活に見合った計画を立てることが大切で、本人に代わってお金を預かり、返済を行うこともあります。

任意整理の場合、債権者との和解交渉は、私どもで行います。
和解交渉とは、借金の額を確定させ、分割で返済する方法を債権者と協議することです。

民事再生の場合は、再生計画を作成。借金を圧縮し、再建の道を探ります。生活のために必要な家や車を残すなどできるのが特徴です。

司法書士は、裁判所提出書類作成、裁判所への同行、手続き支援が可能ですが、弁護士だけが扱える内容もあります。
その場合は、連携している弁護士のご紹介が可能です。

ご利用のメリット

債権者からの催告が止まります。
ご自身の収支と債権額をお聞きし、将来の生活・経済状況改善のための最適な手続きをご提案します。
債権者との交渉を代わりに行います。
裁判所提出書類は専門的な部分が多く、ご自身で行うと何度も訂正や追加提出を求められることが多くなります。また、裁判所への予納金が高額になることもあります。
時間労力の大幅な削減と、無理のない生活再建が実現できます。

収入の多寡は当然ですが、家庭がある、結婚を控えている、転職したいなど、個々の生活状況はさまざまですので、収支状況や事情に合わせて無理なく、生活改善に繋がる解決方法を提案できるように注力しています。

費用

こちらをご確認ください。